• かかった費用について

    合宿免許を利用して免許を取得した方は多いです。
    私自身も合宿免許で免許のほうを取得させていただきました。
    わざわざ教習所に長期間通うよりも、合宿免許でさっさと取得してしまう方がよいと思ったからです。
    実際に合宿免許ですと、2週間ほどで免許の取得ができますので、短期集中でとても利用してみました良かったと思っていまなす。
    だらだらと通うのが嫌だという方は合宿免許向きであるといえます。
    ではその合宿免許なのですが、やはり利用する前に気になってしまうのが費用の面でしょう。
    どの程度かかってくるのかがよくわからないことがあります。
    合宿免許の金額がしめされていることが多いのですが、それ以外にいくらかかるのかという部分もチェックしていかなければいけません。
    かなり総合的な料金がかかりますので資金は多めに用意したほうがよろしいと考えるものです。
    まず、合宿免許について明示されている金額ですが、どの程度が含まれているのかを私の体験によりますと、入学金や教習料金はもちろん含まれています。
    また検定料といったものや宿泊代、そして食事代から交通費まで含まれているようになっています。
    ですので、設定された金額以外はほとんどお金はかからないというようなこともいえます。
    ただし、2週間の生活にもなりますので、私の経験上少しはお金は持っていった方がよろしいものになっています。
    場所によりましては、近くに温泉があるような地域もあります。
    そういったところに行くようなことも考えられますので、ある程度のお金は持っていくべきです。
    また、これは合宿免許が終わってから請求されることがあるのですが、特定の教習に引っかかってしまいまして何度も同じものを受けますと、費用がのちにかかるケースがあります。
    また、合宿期間がその場合は伸びてしまうことがあります。
    そうなりますと、当初予定されていた金額より大きなお金がかかりますので、その点は注意が必要になります。
    私自身はそういったことが運良くなかったのですが、一緒にいった方の中には少し余計にかかってしまった方もいます。