• ニーズの多様性にあう合宿免許

    自動車教習所を合宿免許で選んだと言うと、泊まりで自動車教習をして、短期で卒業を狙っているのだなあと思う程度の人が多いのですが、実は最近の合宿免許の考え方は驚くほど多様性に富んでいます。
    例えば、私の弟の娘が、合宿免許に行く時などは、家族旅行で行くことにしようということになりました。
    合宿免許というのは全国の自動車教習所がホテルとタイアップしたシステムに参加した最短充実教習なのです。
    そして、どこでも行きたいところを予約できるのですから、北海道でも九州でもと言う人が出てくるのです。
    何も近場で合宿免許をしなくても、折角なかなか良いホテルや旅館付きなのだから、そのお得を楽しもうという考え方です。
    ここにはちょっと足を伸ばせば良い温泉地があるなどと年齢としては遅めの自動車教習ですが、夫婦でツインのセットの合宿免許にしましたなどと嬉しそうに語る人もいるくらいです。
    本人達は旅行気分100%でしたが、しっかりと教習所も卒業して帰ってきているのです。
    中には、子どもが合宿免許をしている近くに旅館を取って夜は一緒に食べ歩きをして、ご当地グルメを堪能するというプランを立てているという人達もいます。
    元々運転免許を取ることよりも、その全段秋の自動車教習所に何日も通い、卒業することの大変さがうっとうしいというのは、既に運転免許を取得している私たちにはよく解りますから、楽しむことが優先で、しかも辛さもなく時間を詰めて集中した教習で、充実の学びをできる合宿免許に子ども達が行くことを賛成しています。
    考え方は自動車教習中心ではなく、観光やグルメ、散策に遊びが中心になっているのですから、なかなか贅沢なものです。
    最近は、夫婦で、あるいは兄弟姉妹で、あるいは親しい人と、恋人となど、2人一緒に合宿免許を受けに行くというのも一般的になりました。
    合宿免許の宿泊や食事がセットになっている安さだけが人気のもとではないようです。
    合宿免許は、人々の多様で面白い考え方に火をつけたとも言えます。