• そのほかの変わり種

    フォークリフト以外にも合宿で取得できる変わり種の免許はあります。ここではそれらの一部を紹介していきます。

    ・大型特殊免許
    特殊な作業をするための大型の車、例えばショベルローダーやロードローラーなどを行動で運転することができる免許のことです。
    この免許をとるためには指定教習所に通うなどして運転技術を身につけなければなりません。学科試験に関しては普通自動車などの免許を取得している場合は免除されますので、より短期間で取得することができます。

    ・移動式クレーン
    工事現場などで活躍する移動式のクレーンの免許です。
    5t以上の大型のクレーンですので扱いが難しく、6日間以上の講習の受講が必要となります。
    教習所で専門の教習を受けたあと、安全技術センターでの学科試験が科されはれて免許の取得となります。

    ・小型移動式クレーン
    クレーンの中でも小型のもので、1トン以上5トン未満のものをさします。小型移動式クレーンの運転をするためには3日程度の学科と実技の講習を受けなければなりません。
    小型移動式クレーンに関しては安全衛生技術センターでの試験は必要ありません。

    ・小型船舶操縦免許
    小型船舶操縦免許は総トン数が20トン未満の小型船舶を操縦するための免許です。
    小型船舶操縦免許を取得するには国家試験を受験して免許を取得するか、指定教習所で講習を受けて修了試験に合格することで国家試験の実技試験と学科試験を免除してもらえます。
    教習所での免許取得が一般的で、ほとんどの人が教習所で免許を取得しています。
    すべての小型船舶を操縦することができる一級小型船舶操縦士、5トン未満の小型船舶を運転することができる二級小型船舶操縦士、水上オートバイを運転することができる特殊小型船舶操縦士などの種類があります。
    二級小型船舶操縦士の資格であれば、一泊の合宿で取得することが可能です。
    海のレジャーのついでに小型船舶操縦士の資格を取ってみるのもよいかもしれません。