• 免許が取得できたときの喜び

    私は18歳のときに合宿免許で免許を取得したのですが、免許を取得したときには凄く大きな喜びがありました。
    合宿免許ということで短期間で取得することを目指していたのですが、私の場合は運動神経がよくありませんでしたので、送りにされることも多かったのです。
    しかしそれでも免許を取得したいという気持ちが強かったのでがんばって教習を受けることになりました。
    そのおかげなのか、何とか二段階になると送りにされることはなくなったのです。
    そして仮免許の試験まで何とかたどり着くことができました。
    仮免許の試験のときはかなり緊張しまいたが、車庫入れなども説明にあったとおりに実行することによって成功したのです。
    クランクコースなども踏み外すことなく行くことができました。
    そのしてペーパーテストも受けて、何とこちらは100点で合格したのです。
    これは凄くうれしかったです。
    仮免許を取得してやっと路上教習を受けることができました。
    はじめて路上に出たときにはかなり緊張しましたが、何度かしているうちに慣れてきましたし、送りにされることもなかったのです。
    そして本試験が段々と近づいてきました。
    友達と一緒に合宿免許に参加しましたので、友達と一緒にスケジュールをあわせて本試験を受けることにしたのです。
    本試験の当日はかなり緊張しましたが、何とか友達と一緒に合格することができました。
    その後ペーパーテストになりましたが、前日には友達と一緒に勉強をすることにしたのです。
    お互いにクイズ形式で問題を出しながら勉強をすることにしました。
    勉強のかいがあったのか何とか二人で本試験のペーパーテストも合格することができたのです。
    このときには凄くうれしかったことを覚えています。
    一緒に免許を手にしたときには感動がありました。
    休みの日には遊んだりもしましたが、免許を取得するという楽しみを味わうことができましたので、合宿免許は私にとってはかなりいい体験になったと思います。